法律解釈の手筋

再現答案、参考答案、法律の解釈etc…徒然とUPしていくブログ… ※コメントや質問はTwitterまで!

令和5年度(2023年度) 東大ロー入試 刑事系 解答例

解答例

第1 設問1(設問1について、刑事訴訟法は法名略。)

1 小問1

(1) 勾留に先立つ逮捕が違法であるとして、勾留が違法となったものと考えられる。

(2) 刑事訴訟法は、正当事由なく法定の時間制限を超えてなされた勾留請求を却下しなければならないとする(207条5項但し書、206条2項)。その実質的理由は、逮捕には不服申立制度が用意されていないこと及び将来の違法捜査抑止にある。そこで、逮捕手続で制限期間不遵守に匹敵する重大な違法があった場合には、勾留請求は却下すべきであると考える。

(3) 本件では、Xを緊急逮捕(210条)によって逮捕しているものの、「直ちに」逮捕状の手続をしなかった違法がある。

ア 緊急逮捕に事後の逮捕状請求が必要とされるのは、現行犯逮捕のように犯罪と犯人の明白性が認められない逮捕において、事後の逮捕状請求を要件とすることでその合憲性を支える点にある。そこで、

この続きを読むには
購入して全文を読む