法律解釈の手筋

再現答案、参考答案、法律の解釈etc…徒然とUPしていくブログ… 

差押えと相殺の手筋-最高裁昭和45年6月24日大法廷判決-

1.最大判昭和45年6月24日 【事案(簡易版)】 XはAの国税債務滞納処分として昭和33年9月4日、A会社がY銀行に対して有していた預金債権を差押えた。これに対して、Y銀行は、9月4日時点でA会社に対して貸付債権を有しており、Y銀行とA会社の継続的取引約定書に…

東大ロー期末試験 上級刑事訴訟法 2018年度 再現答案

再現答案 第1 第1問 (以下、刑事訴訟法は法名略。) 1 Kらが公道上に設置されたごみ集積所に出したごみ袋を密かに回収し、中身を点検した行為について (1) 上記行為は、領置(221条)にあたり、「強制の処分」(197条1項但し書)にあたらないか。もし仮に上記行…

慶應ロー 入試過去問 平成30年度(平成29年9月/平成30年4月入学) 刑事訴訟法 解答例

解答例 第1 問題1 (以下、刑事訴訟法は法名略。) 1 小問1について 被疑者段階において検察官の請求により勾留された者が、同一の犯罪事実で交流機関に起訴された場合には、起訴と同時にそれまでの被疑者勾留が被告人勾留に切り替わり、特別の手続なしに被告…

東大ロー期末試験 上級民事訴訟法 2018年度(松下淳一問) 再現答案

再現答案 第1 第1問(1) (以下、民事訴訟法は法名略。) 1 ①について (1) 外側説とは、一部請求の場合に相殺の抗弁を認めるときに、一部請求額からではなく、その債権の総額を基準にして自働債権として認められた額を控除する考え方である。 かかる考え方は…

東大ロー期末試験 上級憲法 2018年度 再現答案

再現答案 第1 弁護士の主張 1 弁護士としては、XをA県迷惑防止条例(以下、「本条例」という。)15条1項で逮捕することは、Xの取材の自由を侵害し、憲法21条1項に反すると主張することが考えられる。具体的には、Xの行為の憲法上の意義がCの法益侵害の程度に…

『ロースクール演習 民事訴訟法[第2版]』 問題2 解答例

解答例 第1 設問1 1 裁判所の本件判決は、弁論主義第1テーゼに反し許されないのではないか。 (1) 弁論主義とは、判決の基礎をなす事実の確定に必要な資料の収集、提出を当事者の権能かつ責任とする建前をいう。その趣旨は、私的自治の訴訟法的反映に基づく…

慶應ロー 入試過去問 平成29年度(平成28年9月/平成29年4月入学) 刑事訴訟法 解答例

解答例 第1 設問1 (以下、刑事訴訟法は法名略。)[1] 1 現行犯逮捕(憲法33条、刑訴法213条・212条1項2項)は令状なくして逮捕できる。通常逮捕における令状主義の趣旨は、あらかじめ令状裁判官に逮捕の理由・必要性を審査させることにより、被疑者の人権を保…

慶應ロー 入試過去問 平成28年度(平成27年9月/平成28年4月入学) 刑事訴訟法 解答例

解答例 第1 捜査① 1 本件捜査は「強制の処分」(強制処分)(197条1項但し書)にあたるか。もし強制処分にあたるのならば、強制処分法定主義若しくは令状主義(憲法33条、35条)に反する。そこで、強制処分の意義が問題となる。 (1) 現代の捜査技術の発達にかんが…

慶應ロー 入試過去問 平成27年度(平成26年9月/平成27年4月入学) 刑事訴訟法 解答例

解答例 第1 設問1[1] 1 下線部①の令状は、以下に見るように概括的記載が用いられており、令状の明示を要請した憲法35条、刑事訴訟法219条1項に反し許されないのではないか。 2 そもそも令状の特定が要求される趣旨は、あらかじめ捜査機関の恣意的権限行使…

慶應ロー 入試過去問 平成26年度(平成25年9月/平成26年4月入学) 刑事訴訟法 解答例

解答例 第1 下線部①の適法性 1 まず、乙は同日午後6時時頃に起きたひったくり事件の犯人と身体的特徴が類似しており、「何らかの犯罪を犯し」ていると「疑うに足りる相当な理由」があるといえ、下線部①の声をかける行為は、警察官職務執行法(以下「警職法」…