法律解釈の手筋

再現答案、参考答案、法律の解釈etc…徒然とUPしていくブログ… ※コメントはTwitterまで!

再現答案

私が受験した平成29年度司法試験予備試験及び平成30年度司法試験の再現答案をUPしていきます。

東大ロー期末試験 上級刑事訴訟法 '18年度 再現答案 【評価:A】

再現答案 第1 第1問 (以下、刑事訴訟法は法名略。) 1 Kらが公道上に設置されたごみ集積所に出したごみ袋を密かに回収し、中身を点検した行為について (1) 上記行為は、領置(221条)にあたり、「強制の処分」(197条1項但し書)にあたらないか。もし仮に上記行…

東大ロー期末試験 上級民事訴訟法 '18年度(松下淳一問) 再現答案  【評価:A】

再現答案 第1 第1問(1) (以下、民事訴訟法は法名略。) 1 ①について (1) 外側説とは、一部請求の場合に相殺の抗弁を認めるときに、一部請求額からではなく、その債権の総額を基準にして自働債権として認められた額を控除する考え方である。 かかる考え方は…

東大ロー期末試験 上級憲法 '18年度 再現答案 【評価:B】

再現答案 第1 弁護士の主張 1 弁護士としては、XをA県迷惑防止条例(以下、「本条例」という。)15条1項で逮捕することは、Xの取材の自由を侵害し、憲法21条1項に反すると主張することが考えられる。具体的には、Xの行為の憲法上の意義がCの法益侵害の程度に…

平成29年度 予備試験 刑法 再現答案  【評価B】

再現答案 (自己評価:B→結果:B) ※平成29年度 予備試験 刑法 参考答案例 との比較・参照を奨めます。 第1 甲の罪責 1 甲が殺意をもって、宅配便を利用して、Vに毒入りワインを送った行為に、殺人罪の未遂犯(203条、199条)が成立しないか。 (1) 甲は…

平成29年度 予備試験 刑事訴訟法 再現答案 【評価C】

再現答案 (自己評価:E→結果:C) 第1 設問1 1 まず、本件逮捕は「罪を行い、または現に罪を行い終つた」(212条1項)にあたらないため、現行犯逮捕(212条1項)は認められない。 2 次に、本件逮捕が準現行犯逮捕(212条2項)として現行犯逮捕が許…

平成30年度 新司法試験 商法 再現答案

再現答案 第1 設問1 1 Dは甲社に対し、会社法(以下法名略)433条1項1号に基づく会計帳簿閲覧請求をしているものと考えられる。 2 Dは甲社株式の200株を有しており、総株式1000の内2割に相当するため、「議決権の100分の3以上の数の株式を有する株主」にあ…

平成30年度 新司法試験 民法 再現答案

再現答案 第1 設問1 1 BはAに対し、売買契約(民法555条(以下法名略))に基づく代金支払請求をすることが考えられる。 2 ABは平成29年9月10日に本件売買契約を締結しており、履行期である9月21日も到来している。 3 これに対して、AはBが松茸5キログラム…

平成30年度 新司法試験 刑事訴訟法 再現答案

再現答案 第1 設問1 1 下線部①捜査の適法性(以下「①捜査」という。) (1) ①捜査は「強制の処分」(刑事訴訟法(以下法名略)197条1項但し書)にあたり、許されないのではないか。もし仮に「強制の処分」にあたるとすると、本件捜査は捜査機関の五官の作用によ…

平成30年度 新司法試験 刑法 再現答案

再現答案 第1 設問1 1 乙がPTA役員会において「2年生の数学を担当する教員がうちの子の顔を殴った」と発言した行為について、名誉棄損罪(刑法(以下法名略)230条)が成立する。 (1) PTA役員会には乙を含む保護者4名とA高校の校長の5名しかいなかったが、な…

平成30年度 新司法試験 民事訴訟法 再現答案

再現答案 第1 設問1 1 課題(1) (1) AがBを被告として乙地裁に訴えを提起することは、重複訴訟禁止(142条)に反せず、違法でない。 ア 142条の趣旨は、判決矛盾のおそれ、訴訟不経済、被告の応訴の負担といった弊害を防止する点にある。 そこで、「事件」…

平成30年度 新司法試験 行政法 再現答案

再現答案 第1 設問1(1) 1 「法律上の利益を有する者」(行政事件訴訟法(以下「行訴法」という。)9条1項)とは、主観訴訟の観点から、当該処分により自己の権利若しくは法律上保護された利益を侵害し又は必然的に侵害されるおそれのある者をいう。そして、…

平成30年度 新司法試験 憲法 再現答案

再現答案 第1 青少年の権利 1 本件条例案8条3項は、青少年の情報摂取の自由を侵害し、憲法21条1項に反し違憲とならないか。 2 情報摂取の事由が21条1項によって保障されるかが問題となるが、情報の送り手と受け手が分離した現代においては情報の受け手から…