法律解釈の手筋

再現答案、参考答案、法律の解釈etc…徒然とUPしていくブログ… ※コメントはTwitterまで!

民法

債務不履行解除の手筋-最判昭和36年判決&平成8年判決-

第1 付随的債務の債務不履行解除 1.最高裁昭和36年11月21日第三小法廷判決 【事案(簡易版)】 YはAに対し甲土地を売却した。その後、AはXに対し同土地を売却した。YはAのために租税金を納付したため、それの償還請求をAに対してしたが、Aがこれに応じなかっ…

定期預金における民法478条の手筋-最判昭和41年判決&59年判決-

第1 定期預金の払戻しと478条適用 1.預金契約とは (1)預金契約の法的性質 預金契約とは、預金者と金融機関との間でなされる契約であり、その法的性質は消費寄託契約(666条)であることに判例学説でほぼ争いなし。 なお、金融機関は預金に関する入出金事務…

債権譲渡と相殺の手筋-最高裁昭和昭和50年12月8日第一小法廷判決-

1.最判昭和50年12月8日 【事案】 訴外会社AはYに対し、弁済期昭和42年12月3日、金額261万4000円の売掛債権(以下「本件売掛債権」という。)を有し、Yは、右売掛債務支払のために、同年7月3日金額を右同額、満期を同年12月3日とする約束手形(以下「本件約…

差押えと相殺の手筋-最高裁昭和45年6月24日大法廷判決-

1.最大判昭和45年6月24日 【事案(簡易版)】 XはAの国税債務滞納処分として昭和33年9月4日、A会社がY銀行に対して有していた預金債権を差押えた。これに対して、Y銀行は、9月4日時点でA会社に対して貸付債権を有しており、Y銀行とA会社の継続的取引約定書に…

抵当権の物上代位と第三者の競合の手筋

1.304条1項但し書(「払渡し又は引渡しの前に差押えをしなければならない」)の趣旨 (1)判例-最高裁平成10年1月30日第2小法廷判決- 「右債権の債務者(以下「第三債務者」という。)は、右債権の債権者である抵当不動産の所有者(以下「抵当権設定者」とい…

抵当権の物上代位(民法372条・304条本文)の目的物の手筋

1.賃料債権に対する物上代位の可否-最高裁平成元年1月30日第二小法廷判決- 【結論】 肯定。 【理由】 (1)372条の準用する304条1項本文には「賃料」と規定されている。 (2)賃料債権に対する物上代位を認めても、抵当権設定者の使用収益権を自体を妨げることに…

民法193条・194条の手筋-最判平成12年6月27日-

1.最高裁判決平成12年6月27日 (1)事案(簡易版) XはAに本件機械を窃取された。Aは本件機械をYに対して300万円で売却した(なお、Yは本件機械がA所有でないことにつき善意無過失だった。)。Xは本件機械窃取後2年以内の某日、Yに対し①所有権に基づく本件機械…

契約締結上の過失 -最判平成23年4月22日-

1.最高裁第2小法廷判決平成23年4月22日 ・事案(簡易版) 被告Y(信用協同組合)は、債務超過の状態にあり、それを認識していたにもかかわらず、そのことを説明しないまま原告Xに対し出資の勧誘を行った。Xはこれに応じてYに対し500万円の出資を行った。その後…